ある日,お風呂に入りながら太ももをマッサージしていました。

右太もも,次に左太ももを触っていたところ,異変に気付きました。どうも,左太もものいざ上部の肌触り感がおかしいのです。

そこで右と左の同じ場所を両手で同時に触ってみました。皮膚をなでるように触ってみて,確かに感触が右と左では違うんです。

右側はなでている感じがきちんと伝わってくるのですが,左側からは殆ど何も感じないのです。なんだか,ピリピリするのです。

これはおかしいと思い毎日感覚を確かめていたのですが,ついに何も感じなくなってしまいました。触っている感覚がないのです。

これは限界と思い,重い腰を上げて整形外科を受診しました。検査が必要ということで,その日の診断はなし。全身のCT検査の予約をしました。そうはいっても,足は普通に動かせました。特に支もなく生活はできたのですが,検査を受けるまではとっても不安でした。

いよいよCT全身検査,その結果はヘルニアでした。椎間板のクッションがつぶれていて,神経を圧迫しているとのことでした。

ひどければ手術だが,今普通に歩ければ緊急性はないだろうとのことでした。学生の頃の激しいスポーツが原因だろうということでした。

神経を圧迫しているため,腰痛も予防できる高価なコルセットも薦められました。年齢を積み重ねると,若い頃の無理が実際の症状となって出てくることを身をもって体感した次第です。