腰に違和感があり神経内科を受診したら、ヘルニアといわれました。体操と湿布薬で2年ほど病院通いをしていたのですが、あまりよくなる気配がありませんでした。そこで違う病院へいって、みてもらうことにしたのです。そしたら、坐骨神経痛と医者からいわれました。そこの病院では、電気をあてたり専門の人がマッサージをしえくれます。そのときは、軽くなります。しかし、数日するとまた元通り。その繰り返しです。治療費も低料金でも、毎週いっていたらそれなりにかかります。なので、腰にきく湿布を痛い時や重苦しく感じた時ははるようにしました。そしてあとは、できるだけ普段から動くように心がけたのです。重いものを長時間もったりすることは今でもきついですが、腰の痛みは前よりも楽になったような気がします。

病院にいくと、処方はしてくれますが待ち時間が長かったり受付の人や看護婦さんなどの相性などもあります。そういうストレスから、治療してもなかなかよい方向にいかなかったのかと今はそう思います。

適度に動くこと、そして整形外科よりリラクゼーションなどのマッサージの方が、個人的にはきくような感じがします。ただ、料金が高いのでそんなにいけません。それでもやってもらうと、スッキリするしリフレッシュした気持ちになりますね。